記事の詳細

こんにちは、東日本担当の川口です。今年もあっという間に残り半月ちょっとですね。

さて、今回は試合中に映像をPCに取り込みながら分析(ライブコーディング)の、ちょっとした情報を。

現在主流のライブコーディングする際の機材

現在ライブコーディングをしている方は、下記の機材を使用し行う形が多いかと思います。(あくまでもイメージ図です)

【ビデオカメラ】-【HDMIケーブル】-【コンバーター】-【Thunderboltケーブル】-【Mac】

名称未設定.001

Macと撮影場所の距離が近ければ問題ないのですが、もし遠距離で行いたい場合ですとHDMIケーブルは長い距離を繋ぐ事が非常に苦手で、無理して延長するとノイズまみれだったり、そもそも映像が映し出されてない等がおきます。それでも距離が遠い環境で行いたい場合、もちろんスポーツコードエリートの機能を駆使すれば可能ですが、エリート以外でもできる方法を紹介します。

SDIケーブルを使用したライブコーディング方法

【方法其の1】

<用意する機材>

SDI端子が付いているビデオカメラ

※例:Canon XA-35

http://cweb.canon.jp/prodv/lineup/xa35/

xa-35

・コンバーター

※例:Blackmagic UltraStudio MIni Recorder

https://www.blackmagicdesign.com/jp/store/record-capture-playback/ultrastudiothunderbolt/W-DLUS-04

Mini Recorder

・SDIケーブル

SDI端子が付いているビデオカメラを使用すれば、今までの方法をHDMIケーブルからSDIケーブルにするだけで、約50mの距離でも問題なくライブコーディングを行うことができます。

 【方法其の2】

<用意する機材>

・HDMI(Mini、Micro問わず)端子が付いているビデオカメラ

・上記ビデオカメラに対応しているHDMIケーブル

・HDMI出力をSDIに変換できるコンバーター

※例:Blackmagic Micro Converter HDMI to SDI

https://www.blackmagicdesign.com/jp/store/converters/microconverters/W-CONU-04

blackmagic_design_convcmic_hs_micro_converter_hdmi_to_1247783

・SDIケーブル

・コンバーター

※例:Blackmagic UltraStudio MIni Recorder

https://www.blackmagicdesign.com/jp/store/record-capture-playback/ultrastudiothunderbolt/W-DLUS-04

Mini Recorder

これらを繋げた状態を図にするとこんな感じに。(あくまでもイメージ図です)この方法ならSDI端子が付いていないビデオカメラでも利用することができます!ただ、HDMI出力をSDIに変換できるコンバーターは給電が必要な為、電源を確保する必要がありますが。。。個人的には予算がある場合、スムーズにセッティングすることができる【方法其の1】がおすすめです。

名称未設定.001

Hudl・SportsCode東日本担当

川口 雄大

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る