記事の詳細

みなさん、こんにちは。

はじめに、このようなコンテストの開催に感謝しています。今期ちょうど大学を卒業したばかりの私には、このようなソフトウェアを買う余裕がなく、いつかこのようなコンテストが開かれることを待ち望んでいました。

私の子供の頃からの#DreamJobは、大学のバスケットボールコーチになることでした。バスケットボールは、私の人生において最も情熱を注いだものです。プレイヤーとしての人生の後、小学生のバスケットボールコーチになったとき、コーチングこそ私の残りの人生でやりたい道なのだということを常に感じていました。大学に行き、学生マネージャーとしてバスケットボールの一部リーグにボランティアに行った際、試合や練習の映像がどれほど重要か、ということを感じました。私は、大学バスケットボールにおいてはそれが最も重要なものだと考えています。本当に試合内の競争を引きだすものなのです。このことを知ってから、私は大学バスケットボールとその試合に対する自身のヴィジョンを変えたのです。

試合映像の切り出しと編集に関してさらに学ぶためのイニシアチブを取得し、私はスポーツコードの基礎を学びました。バスケットボールの試合を見ながら、私は、どのようにしたら細部にわたって科学的に分析することができるのかということに魅了されたのです。そのときから私の未来は、スカウティングレポートの個人の映像クリップ、ディフェンスの細分化、ハイライト映像という方向へ、一変したように思えました。

GarretSolis

私はスポーツテック社のソフトウェアを使うことで、偉大なコーチになれると信じています。なぜならば、このソフトウェアを使うことによって、あなたは選手のための立派な指導者になることができるからです。今はまだ、大学バスケットボールチームのコーチになるという夢に向かって取り組んでいるところですが、私は今後ずっとスポーツ分析の分野に刺激されていくことになるだろうと感じています。私のスポーツ分析への興味から、大学もしくはプロのバスケットボールチームで、ビデオコーディネーターとしてのキャリアを歩めるか探しているところです。

何年もの間私が注目してきた企業が行うこのコンテストで受賞することは、非常にありがたいことです。私の#Dreamjobへの準備として、練習を続け、技術を磨いていきたいです。今後到来するテクノロジーとスポーツの未来への、スポーツテックの見識に感謝いたします。

(翻訳:廣澤 聖士)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る