記事の詳細

皆様、こんにちは。スポーツコード東日本担当の川口です。

今年も残すところ、あと僅かとなりました。

来年を良い年にする為にも、やるべきことを片付けて2014年を締めくくりたいですね。。。

 

本日は、ある大学生のSportscode活用に関して紹介します。

今回協力してくれたのは、

桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部スポーツテクノロジー学科

2年 刀祢 明日香さん(バレー部所属)

IMG_1849

 

刀祢さんは、バレー部の主力選手でありながらSportsocdeに興味を持ち、

自分たちの試合映像をSportscodeを利用し分析を行っております。(Sportscode Eliteを利用)

 

リンク及びリネーム機能をフルに活用したコードウィンドウでコーディングし、

(ローテーションの仕組みを大変上手く作成してました)

IMG_1847

 

 

コーディングしたデータを元に、リポートモードにて分析。

(個人・自チーム・試合全体とそれぞれ作成してました)

IMG_1848

 

バレー界では、ほぼ全てのチームがある他社製品を活用しているのですが、

刀祢さんは「Sportscodeでそれ以上の事ができると確信しているので、私が革命を起こす!!

と意気込んで日々取り組んでおります。

まだまだ2年生なので、今後の活躍に大変期待してます!

 

今回ご協力頂いた桐蔭横浜大学には、立派な分析ルーム(Sportscodeを数多く導入頂いております)が昨年の12月より開設し、

パフォーマンス及び動作分析を体験し活用する為には、これ以上無い環境が整っております。

ご興味がある高校生、又は周りにそのような高校生がいるという方は是非。

桐蔭横浜大学 http://toin.ac.jp/univ/

スポーツ健康政策学部スポーツテクノロジー学科 http://www.cc.toin.ac.jp/univ/csp/dep02.html

 

スポーツコード東日本担当

川口 雄大

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る