記事の詳細

世界最高峰レベルのサッカーリーグのひとつ、イングランドのプレミアリーグは、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティをはじめ、SportsCodeを早くから取り入れたチームが数多くあるリーグです。2012-2013のリーグ戦を戦っている20チームのうち、14チームがSportsCodeのユーザーとしてスポーツテック社のウェブサイトに掲載されています。現在は下部リーグに降格していますが、その中のひとつ、ボルトン・ワンダラーズの事例を紹介します。

ビデオ分析の活用・ケーススタディ

“Matchday Magic” ボルトン・ワンダラーズ(イングランドサッカー・プレミアリーグ:当時)

Brian Prestidge, Head of Analytical Performance, Bolton Wanderers

スポーツテック社ニュースレター2009年2月号の記事より翻訳 (画像とも)

Logo_Bolton_Wanderers土曜日の午後2時55分、トンネルから出てきたメンバーを群衆が熱狂的な拍手で迎え、雷のような喝采がリーボックスタジアムを包みます。今日はまさに試合の日、すべての選手、マネージャー、サポーターはこのために生きているのです。そして、ボルトン・ワンダラーズのパフォーマンス分析ユニットのメンバーにとっても、それはまったく同じです。これこそが1週間をかけた準備と計画の終着点、ホーウィッチの緑の芝の上で展開される、感情を揺さぶる90分間です。しかしジェットコースターのように試合展開が目まぐるしく変わる間も、アナリストたちは穏やかで、落ち着いた、そして客観的な頭を常に保っていなくてはなりません。それは、必須の3ポイント獲得のためにチームを支える上で、彼らが試合中にマネージャーやコーチングスタッフに対して送る情報は、正確かつ具体的でなければならないからです。

情報伝達の過程をアシストする、ひとつのツールがSportsCodeです。ビデオをキャプチャし分析するこのソフトウェアは、大容量のビデオファイルを処理する能力に優れているという理由で、AppleのMacintoshにコンピューターに特化しています。

ボルトンの3人のアナリスト、Brian、Alex、Leeの役割は、SportsCodeの能力を使いこなし、そこから最大限の効果を得ることです。Alex Daviesがその仕事の一端を語ります。 「SportsCodeは非常に包括的なツールです。プレーヤー個人やチーム全体がそれぞれの役割と責任を遂行できたかどうか、キーになるイベントを私たちがゲームプランに合わせてコードすることで、それを確実に証明できるのです。」

このコーディングの中で得たビデオ情報によって、マネージャーやコーチングスタッフは、ハーフタイムにキーコンセプトを視覚的にプレゼンテーションできます。これには、前半で見られた相手の強みをどうやって消すか、そして自軍の強みを強調することによって、試合の戦略をいま一度強調することなどを含みます。

Matchday_Magic

「なぜ」の次は「どう」に移りましょう! ボルトン・ワンダラーズのHead of Analytical PerformanceであるBrian Prestidgeはこう説明します。「スタジアムでは、テレビ放送(SKY/BBCなど)からドレッシングルームの隣にあるパフォーマンス分析ルームに直接、映像がライブでもらえるようにセッティングされています。SportsCodeソフトウェアを使い、独自の完全にカスタマイズされたボタンで、試合のキャプチャとコーディングを行います。この入力項目は、その日の試合の戦術によって変化します。」

「Alexが試合のコーディングをしているとき、私はSportsCodeを通じて他のMacにログインし、試合展開が試合前の戦略と比較してどうなのかというのをレビューします。スタンドにいるマネジメントチームと、もう一人のパフォーマンス分析チーム、Lee Sargesonとを無線でリンクし、試合中に起こりうるプレーのパターンを確立するためにコミュニケーションをとり、ハーフタイムに話すためのビデオクリップを準備するための情報交換を行います。 もうひとつ、試合中に必ず行うことは、パフォーマンス分析ルームを通じて、ボルトンの1stチームのコーチSteve Wigleyにキーとなる場面のインスタンスを届け、それがうまくいっているのかいないのか、再度観察してもらうことです。

Alexによれば「SportsCodeなくして、キーとなる瞬間をすぐにリプレイすることは不可能」です。

SportsCodeに関する最近の発展が、複数のカメラアングルを処理し、チームのパフォーマンスを多面的に分析できるようになったことです。これが、ワンダラーズのパフォーマンス分析ユニットが、Adam “Napolean” Brownの形で行う、試合の日のもうひとつのサポートです。Adamはゴール後ろからの映像を使い、チームのそれぞれのパート、ディフェンス/中盤/アタックがそれぞれコミュニケーションをとり、1つのユニットとして動けているかという、チームの形を分析します。Adamはこの重要性を「チームの形を観察することによって、ボール中心に追っているときとは完璧に違う感覚と観測を得ることができます。この分析から得られた観察を、TV局のビデオフィードを使った分析と結合することで、ゲームについてより広くかつより客観的な評価を提供できることを意味します。」と強調します。

試合の後、SportsCodeシステムを通じてキャプチャした高品質のビデオクリップは、マネージャー、コーチ、スポーツサイエンススタッフ、そして選手たちの誰もが利用できるようになります。その目的は、未来に起こりうるミスを根絶すること、またその特定の試合で見られた自軍の強みを将来に活かしていくことです。これこそが、シーズンが佳境を迎えたときのために、私たちが見据えていることなのです。

(翻訳:橘  肇)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る