記事の詳細

image1オーストラリアの男女ホッケーチームは、スポーツの分析にテクノロジーを活用してきたパイオニアのひとつです。それは国際的なアンパイアでありプログラマーでもあるDon Prior氏と、当時男子チームのコーチを務めていたTerry Welsh氏がSportsCodeの開発初期に重要な役割を果たした、1996-2000年までさかのぼります。

現在、男女代表チームからすべての州のチームまでが同じシステムを使用しており、それによって継続的にもたらされる常に新しい情報を利用しています。ホッケー界全体を通じたこうした取り組みが、非常に利益をもたらしています。

image1

オーストラリア男子チームのビデオアナリスト、Jeremy Davy氏は「何より、代表のプログラムからトレーニングレベルに至るまで、正確な情報をダイレクトに伝えられるようになりました。」と語ります。「それぞれのレベルのコーチが、代表のコーチと同じ情報で働くことができます。外付けのハードドライブを交換するだけで、まさに終わったばかりのナショナルチームの試合の映像をそれらのチームに見せることができます。」

SportsCodeで実現した情報の交換と共有はナショナルチームでは一般的になっており、そしてこの協力は将来それぞれの州のチームとなされる予定で、それによってスポーツの発達と深まりが促進されることが期待されています。オーストラリアのホッケーチームは、このシステムのいろいろな利点、とりわけ、分析したことをすぐにレビューできる機能を活用しています。

「試合中、それぞれのイベントがどこで誰によって起こったか、システマティックにインデックスを付けるために使っています。」と、Davyは言いました。「大会のすべてのゲームをカバーしています。私たちは試合中に再生できる機能を利用しています。マトリックス(数値からすぐにビデオを再生できる機能)は非常に強力であり、データベース機能は取り込んだすべてのデータから、重要な要素をつかむのに利用しています。」

国際大会でオーストラリア代表が好成績を収め続けているという事実は、こうして集められた情報とその活用の効果を示すものでしょう。最も安定した成績を収めているのは、アテネオリンピックで金メダルを獲得した男子チームです。オリンピックなどの重要な大会では、コーチはじめチームの全員が、すべてのシナリオに対するベストの備えができているようにすることが目的になっています。

「ゲーム中の最も良い点はライブで再生ができることで、コーチたちが常に最新の情報を基に判断ができるということです。」と、Davyは言います。「第二に、選手たちに集めた情報を絶好のタイミングで見せることも非常に重要です。遠征に出るチームは8台のプラットホームを携帯して、モバイルサーバに保存されたデータを利用することができます。」「大会が終わるたびに、こうした分析の観点は少しずつ進歩、改良されています。自分たちのチームだけでなく、対戦相手からの情報によっても、分析の最先端は前に進んでいるのです。」

「それこそ無限に情報を集めることができますが、最も大きく進歩したことは、自分たちが「何を」集めたか、またそれらを「どう」関連付けているか、ということにあります。それと同様に、私たちのネットワークを通じてそれらをどう集め、活用するかについても日々革新しています。「フィールド上のプレーヤーとコーチのように、私たちも静止しているわけにはいかないのです。」

「ゲーム中にスキルと戦術を実行するのはあくまでも選手とコーチ次第ですが、今のこのコミュニケーション時代、他のあらゆる分野と同じように、スポーツにおいても分析情報は不可欠なものだ。」とDavy氏は語っています。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る