2015ユーザーカンファレンスのご案内

top_banner0

2015 スポーツコード・ユーザーカンファレンステーマ “Always Improve”

 

第9回目となります「2015 スポーツコード・ユーザーカンファレンス」を、2015年4月4日(土)に開催いたします。
今回のテーマは、Sportstec社が掲げているメッセージの1つである、”Always Improve”(常に向上せよ)です。スポーツコードユーザーの皆様が、パフォーマンス分析のスペシャリストとしても、チームを支えるスタッフの1人としても、日々向上していくひとつのきっかけとなってほしい、そういう思いを込め、プログラムを企画いたしました。
スポーツ情報分析の新しい道を切り開こうとする皆様の、情報交換と交流のための最高の機会になることを心から願いつつ、ご参加をお待ちしております。

 

2014ユーザーカンファレンス

プログラムの概要と注目のポイント

「”Unlocking Your Potential” ~ The way to Empower Better Performance」

 講師:Michael Conlan氏(Sportstec Australia Manager)

MichaelConlan2

今回のテーマ”Unlocking Your Potential”をメッセージとして掲げるSportstec社からは、オーストラリアでの展開を統括するMichael Conlan(マイケル・コンラン)氏を招聘します。
Conlan氏は、スポーツコードの活用が最も早くから進んだスポーツのひとつ、AFL(オーストラリアン・フットボール・リーグ)でのパフォーマンス・アナリストの経歴を持ち、現在もAFLやオーストラリア・テニス協会など、多彩な競技をサポートしています。
講演ではMichael氏のこれまでの経験を元に、ベーシックな機能を使ったシンプルなコーディングから、Sportstec Playerを使った「Flip Learning」(反転授業)といった最近のトレンドまで、スポーツコードの活用法をステップアップしていく道筋をご紹介します。
また一方、AFLやラグビー・リーグといった、日本ではなじみが薄いながらも、この分野では「世界最先端」を行く競技のパフォーマンス分析のスタイルについても紹介します。Conlan氏の話の中に、必ず、皆さんのチームを”Unlock Potential”させるヒントがあるでしょう。

「チームパフォーマンスを高めるためのコミュニケーションの向上
 ~ チーム医療のためのメソッド ”Team STEPPS” から ~」

 講師:鈴木 真 氏(医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 産科部長 総合周産期母子医療センター長)

photo

チーム内の意思疎通と意思統一の促進も、アナリストの重要な役割と言えるのではないでしょうか。であれば、チームワークを促進するためのテクニックも、アナリストの備えておくべき知識であると私たちは考えます。
今回のカンファレンスでは、「チームワークトレーニング」の講義を設けました。チーム医療の質の向上のためにアメリカで開発されたメソッド「Team STEPPS」(チームステップス)のマスタートレーナーであり、スタジオコードとiCODAをシミュレーショントレーニング後の振り返りに使っておられる、鈴木真氏にお話をいただきます。
さまざまな職種(医師、看護師、助産師など)の人たちが、1分1秒を争う状況の中で共同作業を行うという点においては、スポーツと緊急医療の現場は非常に似ているところがあります。「TeamSTEPPS」が目指すものは「人は誰でも間違える」ことを前提に、メンタルモデルをチームのメンバーで共有し、コミュニケーションとコラボレーションの向上をはかることです。
参加者が共同で行う作業やディスカッションを交え、楽しみながらチームワークについて考えることのできるセッションです。

国内ユーザー講演

講演:吉田 享 氏(キヤノンイーグルス 分析)

yoshida_canon

国内ユーザーからのご講演は、ラグビー・トップリーグのキヤノンイーグルスの分析担当、吉田享氏です。
吉田氏は大学時代にスポーツコードに触れ、教員生活を経て、社会人ラグビーチームのスタッフへと転じました。今年からはラグビーのユース日本代表チームのスタッフも務めておられます。
チャンスをつかむためにどのような努力をしてきたのか、吉田氏の歩んで来た道や、現在所属しているトップリーグのチームでの活動の様子、分析とフィードバックのワークフローについてもお話をいただきます。
トップチームのアナリストだけでなく、情報分析の仕事に関心を持つ学生、またそうした学生をご指導されている教員のかたにとって、きっと励みになるお話です。

学生ショート・プレゼンテーション・コンテスト

ショートプレゼンテーションコンテスト

以前、好評を博した一般参加型のプレゼンテーションが、学生(学部生、大学院生)対象の「ショート・プレゼンテーション・コンテスト」として久しぶりに復活します。
毎月開催している「スポーツアナリスト体験セミナー」の最終日の5分間プレゼンテーションが非常にすばらしいことから、企画として実施することにいたしました。5分間の制限時間内で、スポーツコードを使って分析した結果をいかに伝えるか、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。
参加者の投票により最優秀賞に選ばれたかたには、「スポーツテック・ゲームブレーカー」の1年ライセンスを副賞として贈呈します。参加募集人数は5名、先着順ですのでぜひお早めの申し込みをお願いいたします。

 

開催概要

1. 日時
2015年4月4日(土曜日)
10時00分 受付開始
10時30分 開会

2. 会場
品川区中小企業センター 大会議室
住所 品川区西品川1-28-3
 [ 地図 ]

3. 定員
50名(定員に達し次第、締切とさせていただきます)

4. ご参加料(税込)
(1) 通常のお申し込み
 一般:8,640円 学生:4,320円
(2) 年間サポート契約を結んでいるユーザー様
 一般:4,320円 学生:2,160円
(3) 懇親会費
 お1人 2,160円

 

5. 内容
 10:30 開会
 10:35-12:00 基調講演 Michael Conlan 氏(Sportstec Australia)
 12:00 昼休み
 12:45-14:30 チームワークトレーニング  鈴木 真 氏(亀田総合病院 産婦人科部長)
 14:45-15:30 講演 吉田 享 氏(キヤノンイーグルス 分析)
 15:40-16:00 テクニカルインフォメーション
 16:15-17:00 ショート・プレゼンテーション・コンテスト
 17:00 プログラム終了
 17:30 懇親会

 

★ プレゼンテーション参加学生募集!賞品はスポーツテック・ゲームブレーカー!
「ショート・プレゼンテーション・コンテスト」は、スポーツコード(ゲームブレーカープラス、ゲームブレーカーも含む)を使った、5分間のプレゼンコンテストです。
このコンテストの参加者として、学生(学部生、大学院生を含む)5名(先着順)を募集します。参加者の投票によって最優秀賞に選ばれたかたには「スポーツテック・ゲームブレーカー(1年ライセンス)」を贈呈します。

★ 皆様の小さなTipsをお寄せください! 
「テクニカルワークショップ」では、ユーザーの皆さんが使っている「ちょっとした便利な知識」を共有したいと思っています。ちょっと便利な操作、機材、情報ソースなど、ご参加のお申し込みをいただいた後、私どもからお尋ねしますので、その際はぜひお聞かせください。

 

申し込み方法

1. お申し込み方法
(1) FAX:申込用紙をダウンロードしご記入の上、ご送信ください。→ [ FAX申込書(PDF) ]
(2) WEB:下記URLよりお申し込みください。
  https://ssl.form-mailer.jp/fms/9ce99fa4347371 
※ お申込みの後、参加料をお振り込みください。ご入金の確認をもって受付完了といたします。
※ 会場規則により、会場での現金授受は禁じられておりますので、必ず事前のご入金をお願いします。

2. 参加料お振り込み先
 みずほ銀行 五反田支店 普通2985625
 有限会社フィットネスアポロ社

3. お申し込み締め切り(ご入金期限)
  2015年3月25日(水曜日) 終了しました。キャンセル待ちはお問い合わせ下さい。
※ キャンセルの場合も、この日までにお申し出ください。弊社の責によるキャンセル以外のご返金は、振込手数料を差し引かせていただきます。

 

お問い合わせ
フィットネスアポロ社 スポーツコード営業チーム

担当:phone 080-6759-9705(橘) phone 080-6759-9734(水野) phone 080-4346-7481(川口)

mail info@sportscode.jp

ページ上部へ戻る