記事の詳細

 みなさん、こんにちは。
レイアウト変更1 普段お使いのレイアウト(各ウインドウの配置)は、保存したパッケージを開くと、左上にムービーウインドウ、その下側にタイムラインが表示されるので、空白部の右上にコードウインドウをレイアウトすることが多いと思います。
 私たちもみなさまにご案内する際には、その様に使うことが多いです。

 しかし、ムービーウインドウを大きく表示させながらコーディングをしたい場合などに、各ウインドウのレイアウトに困ったりすることはありませんか?
 「ムービーウインドウを大きくすると、コードウインドウに重なり使いづらくなった」というようなご経験はないでしょか。その時は、たぶん、微妙に各ウインドウの重ね方をずらして、レイアウトされていることかと存じます。

 そんな時に一度試しして欲しいのが今回の方法です。レイアウト変更4

「コントロール(^)」+「シフト(⇧)」を押しながら、

「ムービーウインドウのアイコンクリック」

すると、タイムラインがムービーウインドウの横にレイアウトされますので、デスクトップの下側にできた大きなスペースへコードウインドウを移動し、大きさを整えれば良いのです。

 

レイアウト変更3
 分析項目が多くなると、ボタンの数も増えて来ます。大きなコードウインドウが必要な際には、ぜひこの方法を使ってレイアウト変更をしてみてください。
 ちなみに、以前ご案内したのは、ムービーウインドウやインスタンスムービーの大きさを変更するキーボードショートカットです。きっと使ってくださってますよね?

スポーツコード営業グループ 水野英治

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る