記事の詳細

 みなさん。こんにちは。さて、今回ご紹介するのは、インスタンスムービーの再生方法です。以前、キーボードショートカットの記事の中でもご紹介しましたが、覚えていますでしょうか。

 通常、複数のインスタンスを選択し、インスタンスムービーを作成すると、時間順に並びますが、再生方法にはそれ以外にもあるのです。
 スクリーンショット 2017-06-24 8.39.03タイムラインにあるアイコンの「設定」では、インスタンスムービーの作成を「時間順に」「行ごとに」「選択順に」と選択することができます。

 初期設定では「時間順に」に設定されていますので、インスタンスがどの行にあるかは関係なく、時間順にインスタンスムービーが作成されます。
スクリーンショット 2017-06-24 8.39.29

「行ごとに」を選ぶと、各行ごとに時間順のインスタンスムービーが作成されます。
例えば、下のようなタイムラインだと「行A」の5つのインスタンスの後ろに「行B」の
3つのインスタンスが結合したインスタンスムービーが作成されます。

スクリーンショット 2017-06-24 8.59.24

スクリーンショット 2017-06-24 8.39.37 しかし、プレゼンテーションなどでは、見せたい順番ってありますよね。その時には、「選択順に」を選択してインスタンスムービーを作成してください。

 その方法はとても簡単です。

「コマンド(⌘)」を押しながら再生したい順にインスタンスをクリック
してください。そうすると、インスタンスに再生順の番号が表示されますので、

スクリーンショット 2017-06-24 9.59.04

あとは「ムービー」のアイコンをクリックしてインスタンスムービーを作成するだけです。スクリーンショット 2017-06-24 10.00.55

 いやいや、ここでキーボードショートカットですよー。
 「オプション(⌥)+ コマンド(⌘)+ M 」ですよね。
 これでもう「インスタンスムービー作成」のキーボードショートカットは覚えましたよね?

「時間順」「行ごと」「選択順」でそれぞれの目的に応じたインスタンスムービーを作成してください。

スポーツコード営業グループ 水野英治

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る