記事の詳細

 みなさん。こんにちは。今回は、前回で終わるはずだった「キャプチャに関して」の続きです。
前回でもご紹介しましたビデオソース」でコンバータを認識しない時の手順ですが、今回は、ある「匠」の方からの情報をご紹介します。

1. スポーツコードを終了し、サンダーボルトケーブルをMacから抜きます。

2. スポーツコードを起動します。

3. サンダーボルトケーブルをMacに差し、キャプチャウインドウを開きます。
 (キャプチャウインドウを開いてから、サンダーボルトケーブルをMacに差しても認識します)

 前回ご紹介した手順と違うところは、サンダーボルトケーブルを差すタイミング(スポーツコードを起動する前に差すか、起動後に差すか。)ですね。どちらの方法が良いのかは、お使いのMacの状態(OS、ドライバー、Macの設定、スポーツコードのバージョンなど)によって違うようです。ただどちらの方法もコンバータを認識するまでに少し時間がありますので、表示されないからと焦らずに心を落ち着かせましょう。

 試合前に起こったトラブルには、速やかに対応できるようにしたいですね。まだまだみなさまからの情報をお待ちしております。

スポーツコード営業グループ 水野英治

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る