記事の詳細

 みなさん、こんにちは。11月に入り気温も下がってきました。季節の変わり目ですが、元気に乗り切りましょう。
 
 さて今回は、AVCHDで撮影(録画)したファイルをMacへ読み込む方法をご紹介します。AVCHDで撮影(録画)したファイルは、そのままでは「スポーツコード/ゲームブレーカー」で読み込むことはできませんので、読み込める形式に変換する必要があります。ビデオカメラからMacへのファイルの読み込みについては、以前のブログビデオカメラからの読み込み方法は?(2)や、アンケートの結果 1 ~ビデオカメラを選ぶポイント~ や、アンケートの結果 3 ~ビデオカメラやDVDからの読込みに使うソフトウエアについて~ でもご紹介していますので、合わせてご覧ください。

 まず、有料ソフトウエアを使う場合は、(水野は「Turbo.264HD」もしくは「Woundershare」などを使っています)ビデオカメラをUSB接続後、マウントされたディスクから「AVCHD」>「BDMV」>「Stream」内にあるファイルを、各ソフトウエアを使って「スポーツコード/ゲームブレーカー」で読み込めるように変換します。。有料ソフトウエアを使う利点は、いろいろなファイル形式やサイズで書き出せることや、分割されたファイルを一つにまとめたりできることでしょうね。
 フォルダーを開く時の注意点は、「AVCHD」と「BDMV」はパッケージフォルダーになっていますので、必ず右クリックから「パッケージの内容を表示」を選択してください。
  %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-21-31-00

 
 次に、有料ソフトウエアを使わない場合は、iMovieを使うことが多いでしょう。
その手順は、
1, iMovieで読み込みます。
2, 読み込んだファイルをデスクトップへコピーします。
3, 「スポーツコード/ゲームブレーカー」でコピーしたファイルからムービーを作成します。
4, 作成したムービーを保存します。
5, 保存したムービー(ファイル)をパッケージ化します。

1, iMovieで読み込んだファイルは、「ムービー」>「iMovie ライブラリ」を「右クリック」し、「パッケージの内容を表示」からiMovieで読み込んだ際のイベント名のフォルダーを選択します。
     %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-22-13-44  
2, 読み込んだムービーファイルが、選択したフォルダー内の「Original Media」の中にあることを確認し、フォルダーごとデスクトップへコピーします。
3, 「スポーツコード/ゲームブレーカー」を起動し、「メニューバー」>「ファイル」>「フォルダ内のムービーからムービーを作成」を選択し、デスクトップにコピーした「Original Media」を選択してムービーを作成します。
 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-23-20-05
4, 作成したムービーを、「保存」から「QuickTime(MoviePlayer)形式の独立再生ムービー」を選んで保存します。

 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-23-33-02
5, 「スポーツコード/ゲームブレーカー」の「メニューバー」>「ファイル」>「新規」>「タイムライン」を選択すると、ウインドウが開きますので先ほど保存したファイルを選択し、「ムービーをパッケージの中に配置しますか?」で「はい」を選択すると、「スポーツコード/ゲームブレーカー」で使える形式に変わります。(アイコンも変わります)

 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-23-36-34  %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-23-37-49


 最近のビデオカメラでは、AVCHDとMP4の同時録画が可能となっているものもあります。MP4で撮影した場合はファイル変換が不要なため、USB接続し、マウントされたディスクからMacへファイルをコピー&ペーストすれば、簡単に「スポーツコード/ゲームブレーカー」で読み込むことができますので大変便利です。お手持ちのビデオカメラの機能を一度お確かめください。(ちなみに、私のビデオカメラにはありません(涙))

スポーツコード営業グループ 水野英治

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る