記事の詳細

 みなさん、こんにちは。今回は、「よく使う機能について」の7回目です。アンケート第4位の「タイムラインの結合」をご紹介します。

 「スポーツコード/ゲームブレーカー」では、試合ごとや練習ごとに(映像ファイルごとに)パッケージが分かれます。ですから、それぞれを開かないと見られないのです(ある意味当たり前)が、スカウティングの際には、複数の試合を見ますので、やはり一つになっていた方が、作業も煩わしくなく良いですよね。この機能は、そんな時に複数のタイムラインを一つのタイムラインにするという大変便利な機能なのです。

 方法は簡単。一つにまとめたいパッケージを選択し、「結合」するだけ。
 タイムラインの結合

 以前にご紹介した「データベース」は、複数のインスタンスをまとめる機能でしたが、「タイムラインの結合」はタイムラインを丸ごとひとつにすることができます。その時の目的に応じて「データベース」「結合」を使い分けてくださいね。もちろん、ご相談くださればどちらが良いかのご提案はいたしますからね。

スポーツコード営業グループ 水野英治

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る