記事の詳細

 みなさん。こんにちは。
 少し前に、「オプションキー(⌥)」+「コマンド(⌘)」+「ドラッグ」でインスタンスの長さを調整する方法をご案内いたしました。今回は、同じインスタンスの長さの調整する方法で、フレーム単位で長さを調整する方法をご案内いたします。
 この方法は、1フレームずつ長さを調整できますので、「オプションキー(⌥)」+「コマンド(⌘)」+「ドラッグ」より、細かく調整ができるようになります。例えば、ポゼッションを正確に編集したい場合や、各セッションごとの時間を正確に編集したい時などによく使います。
 編集したいインスタンスを選択し、「メニューバー」>「編集」>「インスタンスをフレーム単位で編集」を選択すれば、編集ウインドウが開きますが、

   フレーム単位編集       編集ウインドウ

そのショートカットが「コントロール(^)+ E 」です。開いたウインドウ内にある三角印を押すだけで、簡単に長さを調整することができます。

 V10からは、タイムラインにアイコンができていますので、そこから編集ウインドウを開くことも、できるようになりました。

  編集のアイコン

 ぜひお試しください。

スポーツコード営業グループ 水野英治

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る