記事の詳細

みなさん、こんにちは。
前回は川口からライブコーディングに必要なコンバータのご紹介をしましたが、ライブコーディングをしたことはありますか?

ライブコーディングをする利点は、いろいろあると思いますが、一番の理由は、「試合中や練習中でも、すぐに映像での振り返りが出来る」ことだと思います。チームは、試合に勝利するために準備を十分に行い試合へ臨みます。しかし、それが上手くいかないこともありますよね。(決して準備を怠っているわけではありませんが…)また、練習でもすぐに修正したい点が見つかることもあると思います。

その様な時は、言葉や動作で、それらを修正していくのだと思いますが、ライブコーディングをしていれば、映像を振り返りながら修正が出来るので、さらに効果的な修正が出来るのではないかと思います。「勝利」に「内容」に、こだわるためにライブコーディングをお勧めします。

スポーツコード/ゲームブレーカーでは「コードモード」を、スポーツテックゲームブレーカーでは「タイムスリップ」を使えば、ライブコーディング中でも映像の再生ができますので、ぜひお試しください。

スポーツテックゲームブレーカーの「タイムスリップ」機能の説明はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=YjtgFdYpomY

ライブコーディングの利点で、「試合が終わった時点でデータが出来上がっている」というのも見逃せませんよね。


スポーツコード営業グループ 水野英治

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る