記事の詳細

1月15日リリースのアップデート、Sportscode11.2.14で、macOS High Sierra(10.13)に対応いたしました。macOSのアップデートを控えていらっしゃったユーザーのかた、お待たせしました。

元の記事はこちら

<ご注意>
1. Sportscode11はサブスクプションのユーザーのみがお使いになれます。
2. macOSのバージョンアップを行う際には、あらかじめSportscodeのライセンス認証を解除し、アップデート終了後に再度認証してください。
3. Sportscode11は、macOS10.13上での「QuickTimeキャプチャ」をサポートしておりません。「AVファウンデーションキャプチャ」をお使いください
4. Gamebreaker PlusのHigh Sierra対応版はまだリリースされておりません

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る