記事の詳細

みなさん、こんにちは。
梅雨も明け、夏も本番となりました。もう小中高校では夏休みに入っている学校も多い事でしょう。
夏休みの宿題で、自由研究や自由制作など、頭を悩ませていた宿題を思い出しながら、iPadを三脚で使える様にステーを作ってみました。

百均でiPadカバーとブックエンドを購入し、強力な両面テープでお互いを貼り付けしました。
そして、ブックエンドにドリルで穴を開け、完成。
家にあったストレートプレートに取り付けて見ました。

iPad三脚1

これで、iPadでビデオ撮影しながら、iCODAでライブコーディングする事が可能になりそうです。

iPadで撮影したビデオと、iCODAで作成したタイムライン情報を「スポーツテックゲームブレーカーiPad」で開けば、みなさんが、いつもMac上でご覧になっている、タイムラインとムービーが、iPad上で見る事が出来ます。
「スポーツテックゲームブレーカーiPad」と「iCODA」の組合せは、お勧めです。


(追記)ブログを読んで頂いた方からご質問を受けましたので、追記いたします。
iPadで撮影しながら、同じiPadにインストールしたiCODAは使えません。iCODAは、別のiPhoneにインストールしたものを使います。私の場合は、右手で三脚を動かし、左手に持ったiPhoneでコーディングしています。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る