記事の詳細

[コードモード]でムービーを再生しながらコーディングを行う際に、メインツールバーのスピード調節スライダを使って再生速度を遅く、また早くしてコーディングすることができます。 またキーボードの[↓](下矢印)キーなどで再生を一時停止して、左右の矢印キーでムービーをコマ送りしながら、またoption+矢印キーで早送りしながらコーディングすることもできます。

アーカイブ

ページ上部へ戻る