スポーツコードV10

 

What’s New

ここが新しい

icon-capture icon-icons icon-controls icon-drawings icon-code icon-system

 

Over 40 Features

40以上の新機能

バージョン10では、あなたの仕事をより直感的で、より機能的にするように設計され新たなユーザーインターフェースが導入されています。 さらにバージョン10では、40以上の新機能とデザインが加えられていますが、従来のプラットフォームをベースに開発されているので、従来の操作から大きく悩むことはないでしょう。

 

icon-playAV Foundation Capture

AV Foundationを使ったキャプチャー

動画のキャプチャーにおいて、アップルのグラフィックチップを効果的に活用にすようになりました。これによりCPUの負担を減らし、動画の変換や大規模な計算処理、大きなムービーやファイルのアップロードなどの処理が早くなりました。

v10-cs6_03

AV foundationキャプチャを使用することで、完璧な画質を得るための、独自のキャプチャ設定を作成することができるようになりました。

v10-cs6_141

他のマシンのキャプチャー設定をインポートし設定することができます。

v10-cs6_111

ビデオファイルの小型化
AV foundationキャプチャ―を使用することで、ビデオファイルも小型化でき、今までの約30%早く処理することができるようになりました。

 

v10-cs6_22 300+ New Icons

アイコンデザインが新しくなりました。

よりシンプルでわかりやすくなったアイコンにより、すばやく求める機能にアクセスすることができます。

v10-cs6_19

 

v10-cs6_28 Movie
Controller

ムービー操作

紛らわしいショートカットキーを覚えておく必要はありません。新しいムービーコントローラには、それらを必要とする適切な機能やツールが追加されました。正確な再生速度のコントロール、音量、描画ツール、フルスクリーンのプレゼンテーションなどです。

v10-cs6_26

新しいムービーコントローラでは、ムービーをフルスクリーンで再生しながら直感的に操作することができます。

v10-cs6_332

再生速度も簡単に設定可能

v10-cs6_352

音量の設定

v10-cs6_392

ムービークリップを一覧にして表示。見たいシーンを選ぶだけで再生スタート

 

v10-cs6_44 Drawing Tools

描画ツール

簡潔な指示ほど理解されやすいものです。 バージョン10では、よりシンプルですばやく記憶に残るコーチングメッセージを作成するための機能を追加しています。

v10-cs6_4211

 

v10-cs6-code_48 Code Window

コードウィンドウ

設定できる機能が追加され、よりコード化しやすくなり、ゲーム内での正確な意思決定をサポートしてくれます。

v10-cs6_46 v10-cs6_511

ホバリング情報
ラベルにカーソルを合わせると、グループとボタンのID情報が表示されます。

v10-cs6_53

編集ボタン
編集モード以外でも、ボタンの編集ができるようになりました。

v10-cs6_551

ツールバー
コードウィンドウのツールバーにラベル作成用のボタンが追加され、すばやくラベルボタンが作成できるようになりました。

v10-cs6_60

ライブノート
ボタンの起動またはボタンの停止に関して現れるメモ・ウインドウ・オプションが追加されました。

v10-cs6_62

新しいプロパティ
TABキーによる一斉停止をブロックするためのプロパティ。

v10-cs6_65

背景イメージ
背景に画像ファイルを読み込むことができます、また背景色を設定することができます。

v10-cs6_67

新ラベル設定
ボタン上に表示されるラベルツリーから設定できるようになりました。

 

v10-cs6_75 General
Enhancements

全般的改善事項

上記で説明したメジャーな改善点の他に、マイナーな改善点の中から特徴的なものを紹介します。製品別の詳し情報は機能比較表をご覧ください。

v10-cs6_72 v10-cs6_80

マトリクス表示
マトリックスから直接、ムービーオーガナイザー、ソーター、データベースにクリップを送ることができます。また保存されたマトリックス・ファイルをフォルダからオープンすることもできます。

v10-cs6_82

インスタンスムービーの編集
タイムライン行を選択し編集ボタンを押せば、ムービーを見ながら編集することができます。次のクリップに移動するにはTABキーで移動できます。

v10-cs6_84

データベース
ソーターやムービーオーガナイザーから画像行をデータベースにエクスポートすることができます。

v10-cs6_89

検索
インスタンスをムービーオーガナイザーとソーターに送ることができます。

v10-cs6_92

フラギング
インスタンスへの無制限のフラグを追加。フラグを使用した場合、インスタンスのノートウィンドウを開きます。フラグを使用する場合にムービーオーガナイザーに直接インスタンスを送信できます。

timeline

新しいタイムライン
選択したインスタンスで、新たなタイムラインを作成することができます。

 

ページ上部へ戻る