記事の詳細

この秋登場予定のmacOSの最新バージョン「High Sierra」(10.13)につきましては、リリースの時点では、スポーツコード、ゲームブレーカープラス、CODAを完全にはサポートできていない見込みです。Hudlまたは弊社フィットネスアポロ社から正式対応のアナウンスがあるまでは、決して「High Sierra」(10.13)へのアップデートを行わないようお願いいたします。

もし対応前にアップデートを行った結果、スポーツコード、ゲームブレーカープラス、CODAの動作に問題が出た場合には、サポート対象外とさせていただきます。また、High Sierra(10.13)への対応は、V11、つまりサブスクリプション(年間利用料)のライセンスのみとなります。V10はSierra(10.12)が最終対応OSとなりますので、V10のユーザーのかたはご注意ください。

以下、Hudlからの公式リリースを掲載いたします。

───────────────────────────────

Subject line: MacOS Compatibility Announcement

Apple is expected to release macOS High Sierra (10.13) in the next few weeks. However, High Sierra will not fully support Sportscode when launched. Please avoid upgrading to High Sierra until further notice. We expect to announce support later this year.

However, you should update your computers with Sportscode to a compatible operating system—macOS El Capitan (10.11) or macOS Sierra (10.12)—before High Sierra’s release.

Before updating, we strongly recommended you first deregister your Sportscode license. When the macOS update is complete, you can register the license again.

<MacOSへの対応に関する重要なお知らせ>

Appleは、今後数週間以内にmacOS High Sierra (10.13)のリリースを予定しています。しかし、High Sierraはリリースの時点では、スポーツコードを完全にはサポートできていない見込みです。Hudlからの正式なお知らせがあるまでは、OSのアップグレードを行わないでください。正式な対応は、今年末までの完了を見込んでおります。

しかし、すべてのスポーツコードのユーザーは、High Sierraのリリース前に必ずお使いのスポーツコードのバージョンが対応しているmacOS、macOS El Capitan (10.11) または macOS Sierra (10.12)へのアップグレードを行ってください。

OSをアップグレードする際は、ライセンス認証の問題を避けるため、必ず最初に「ライセンスの認証解除」を行ってからアップグレードを行い、その後、再度スポーツコードの認証を行うようにしてください。

───────────────────────────────

スポーツコードのOSとmacOSの対応情報は、こちらをご覧ください。
【重要なお知らせ】Sportscodeの今後のmacOSへの対応について

ご不明な点がございましたら、弊社の営業チームまでお問い合わせください。

(橘 肇)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る