記事の詳細

2月6日、Sportscode V11に続き、「Gamebreaker Plus  V11」がリリースされました。2月14日には最初のアップデート「11.1.0」もリリースされています。Sportscode V11と同じく、年間ライセンス(サブスクリプション)をお持ちのユーザーは、無償にてアップデートを行うことができます。
年間ライセンスの登録コード:末尾に有効期限を示すカギカッコつきの数字(例:<DE752>)があります。

Sportscode V11と合わせて、最新のアップデートでの機能をご紹介します。


《主な新機能や改良点》

1.「高速書き出し」機能*1
ファイル>書き出し>Convert Movie Fast メニューが追加されました。通常の書き出しよりも10倍以上の速度での書き出しが可能になりました。

2. パッケージにする際のムービー変換*2
新しいムービーファイルにタイムラインをリンクする際の、ファイル>New Movie Package メニューが追加されました。このメニューを使用すると、スポーツコードで処理する上で使いやすい、定型のビデオフォーマットに変換してくれます。さまざまなフォーマットのビデオを分析の素材に使う場合には、この機能で最初にフォーマットを統一しておけば、後々スタックやタイムラインの結合、ムービーオーガナイザーなどでトラブルを起こさないために便利です。
New Movie package

3. スタックしたタイムラインとムービーの操作性の向上*3
例えば4つのアングルをスタックしたムービーを再生する時、これまでは表示を1つのムービーだけにしても、バックグラウンドで残りの3つのムービーが動いていました。V11ではこうした場合、バックグランドのムービーをオフにするため、表示されている画面の再生速度が影響を受けにくくなりました。

4. Hudlへの直接アップロード*4
タイムラインとムービーを、直接Hudlにアップロードできるようになりました。

5. Bluetoothリモート*5
HudlのBluetoothリモートに対応しました。

<ご注意>
*1 Macの性能やムービーの形式、コーデックによってはこの速度が出ないこともあります。
*2 AVCHDカメラの.mtsファイルや、DVDビデオには対応していません。
*3 すべての画面を表示しているときの動作には変更はありません。
*4 Hudlのダイヤモンドパッケージ(旧エリートパッケージ)のご契約が必要です。
*5 ご購入はHudl.comの下記のページで直接ご購入ください(US$299)。Apple Remoteにも対応しています。
https://www.hudl.com/remote/order

(橘 肇)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る