記事の詳細

SportsCode10につきまして、以下のアップデートがリリースされております。特にタイムライン共有と、データベース作成のダイアログに関する問題が修正されておりますので、SportsCode10をお使いのユーザー様にはアップデートをお勧めいたします。なお、SportsCode10のご利用には、Mac OS X 10.9.5以降が必要ですので、ご注意ください。

SportsCode 10.3.11 (10238) アップデート
2015年11月13日
・OS X 10.10で使用している際、データベースのダイアログ内でオプションが表示されない問題を修正いたしました。

SportsCode 10.3.10 (10237) アップデート
2015年11月7日
・10.3.9で出ていた、他のボタンの状態をチェックするスクリプトの実行に問題が出ていた点を修正いたしました。

SportsCode 10.3.9 (10235) アップデート
2015年11月5日
・スクリプトとラグタイムのあるボタンを持つコードウィンドウが反応しなくなるという問題を修正いたしました。
・タイムライン共有を複数のマシンで開いている際、約18分を過ぎるとクラッシュしてしまうという問題を修正いたしました

SportsCode 10.3.8 (10232) アップデート
2015年10月15日
保存済みの独立再生形式のムービーファイルを開く際、再生ヘッドの位置が正しく選択できないという問題を修正いたしました。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る