記事の詳細

いつもニュースレターをお読みくださり、ありがとうございます。今回の巻頭を務めさせていただきます、東日本エリア担当の細川です。梅雨が開け、一気に夏らしい気温になりました。最近では、高温注意報が出る異常事態にまでなっております。屋内外で熱中症への注意が必要になる、大変な季節に突入しました。皆様くれぐれも体調を崩されぬよう、お気をつけください。

私ごとではありますが、梅雨明けのタイミングに合わせて寝具を買い替えました。寝心地が良く、寝ている時に感じていた腰や首などの違和感が全く無くなりました。睡眠が改善されることで、日々の活動にプラスになることを期待している今日この頃です。

スポーツも仕事も健康でなければできません。弊社では、健康の三大要素である運動、栄養、休養に関わる専門スタッフの人材派遣業務も行っております。現場の皆様に必要としていただけるよう、様々な角度からサポートいたします!

今後ともよろしくお願いします。(細川 聡)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■□■□■□フィットネスアポロ社からのPR ■□■□■□
ローテーショナル・ボディウェイト・トレーニング「CrossCore 180」
フィットネスアポロ社が今年、日本に紹介する新しいトレーニングアイテム「CrossCore 180」。これまでのスリングロープのアイテムではできなかった、体幹部の回転を伴う自重トレーニング「ローテーショナル・ボディウェイト・トレーニング」がご好評をいただいています。お問い合わせは私たちまで。
○ メーカーサイト
http://www.crosscore-usa.com
メーカーYouTubeチャンネルには様々なプロトコルが紹介されていますが、中でもこの動画が、従来のアイテムとの違いを表しています。
http://www.youtube.com/watch?v=kdMg-MTNELI
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バックナンバーは、スポーツコード日本版サイト内に掲載しています。
http://sportscode.jp/category/support-info/newsletter/
配信をご希望なさらない場合は、このままご返信ください。また皆様の身近で「この人にも直接送ってほしい」というかたがいらっしゃいましたら、ぜひ連絡先(メールアドレス)をお知らせください。
=====================================================
◎ 今回の内容 ◎
【重要なお知らせ】
1. 学生インターンシップのお知らせ
【メディア情報】
1. 月刊トレーニング・ジャーナル2013年8月号 ON THE SPOT/現場から「スポーツコード・ユーザーカンファレンス」
【ケーススタディ】
1. 水野英治のユニバーシアード日記 – 1
2. ブリティシュ&アイリッシュ・ライオンズ 2013オーストラリアツアー”British & Irish Lions 2013 Analysis set up”
【テクニカルサポート】
1. SportsCode 9 の新機能紹介
[4]ムービーの保存やデータベース出力に関する新機能
=====================================================
【重要なお知らせ】
───────────────────────────────────
1. 学生インターンシップのお知らせ
http://sportscode.jp/feature/1304/
───────────────────────────────────
私たちスポーツコード営業チームでは、スポーツ現場でのビデオ分析やデータ解析の仕事に興味のある学生のインターンを募集しています。ビデオ分析システム「スポーツコード」の日本での普及に取り組んで14年目、もっと仕事のフィールドを広げ、より多くの競技や研究の現場をサポートしていきたいと思っています。そのためには私たちの仕事をもっと知ってもらい、共にチャレンジする仲間を増やしていくことが必要だと考えています。交通費や給与等はありませんが、日本のスポーツ界に「新しい職域」を作ることにチャレンジしている、私たちの職場を体験してみたいという学生をお待ちしています。詳細はこちらをご覧ください。
http://sportscode.jp/feature/1304/
=====================================================
【メディア情報】

───────────────────────────────────
1. 月刊トレーニング・ジャーナル2013年8月号
「ON THE SPOT/現場から」~ スポーツコード・ユーザーカンファレンス ~
───────────────────────────────────
7月10日発売の月刊トレーニング・ジャーナル2013年8月号の「ON THE SPOT/現場から」のコーナーで、3月23日のユーザーカンファレンスの模様をリポート記事としてご掲載くださっています。2ページにわたり、各講師のかたの講演内容や写真も含めて掲載されていて、当日の雰囲気が改めてうかがえる内容になっています。その他にも、毎回興味深いトレーニング情報が掲載されていますので、ぜひご購入をお勧めします。記事の内容は下のリンクでご覧ください。
http://www.bookhousehd.com/tj/booktjnew.html
=====================================================
【ケーススタディ】
───────────────────────────────────
1. 水野英治のユニバーシアード日記 – 1
http://sportscode.jp/feature/1348/
───────────────────────────────────
私たちの肩書きは「営業スタッフ」ではありますが、販売・サポートだけでなく、自分自身がチームスタッフとして現場をサポートできる機会があれば、積極的にチャレンジしています。7日から17日までロシア・カザンにて開催された第27回ユニバーシアード競技大会では、水野英治がホッケー男子代表チームのゲームアナリストとして帯同する機会をいただきました。現地での活動について、作業の合間に送ってきた日々の報告をここでご紹介します。短い文ですが、テクニカルスタッフの仕事ぶりの一面がうかがえます。ウェブサイト内「スタッフブログ」でお読みください。
http://sportscode.jp/feature/1348/
───────────────────────────────────
2. ブリティシュ&アイリッシュ・ライオンズ 2013オーストラリアツアー”British & Irish Lions 2013 Analysis set up”
http://www.youtube.com/watch?v=-XARPwwkPYQ
───────────────────────────────────
前回ニュースレターのIRBセブンスシリーズに続き、ラグビーの話題です。先頃、ワラビーズとのテストマッチを2勝1敗と勝ち越して終えた「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」のオーストラリア遠征のヒトコマです。日本でもラグビーのユーザーの間ではおなじみ、Rhys Long氏(ウェールズ協会)がヘッド・オブ・パフォーマンスアナリストを務めています。
http://www.youtube.com/watch?v=-XARPwwkPYQ
=====================================================
【テクニカルサポート】
───────────────────────────────────
1. SportsCode 9 の新機能紹介
[4]ムービーの保存やデータベース出力に関する新機能
http://sportscode.jp/feature/236/
───────────────────────────────────
今回は、ムービーの保存やデータベース出力に関する機能からご紹介します。
■ バックグラウンドでのムービーの書き出し(エリート/プロ/GBP)
「ムービーの書き出し」を行っている間でも、タイムラインやインスタンスの編集や、他のインスタンスムービーの再生ができるようになりました。
■ データベースへの出力(エリート/プロ/GBP)
これまで、新規にデータベースを作るためのワークフローは「新規のデータベースの作成」>「出力するインスタンスを選択」>「データベースへの出力」と、メニューを3回選択しなくてはなりませんでした。V9からは出力するインスタンスを選択して「データベース」メニューを選択するだけで、次のウィンドウ内で「出力するデータベースを選択」するか「新規にデータベースを作成」するかを選択でき、ワークフローが楽になりました。
■ 選択したインスタンスからのムービー書き出し(エリート/プロ/GBP)
タイムライン上で選択したインスタンスを、ダイレクトに独立再生ムービーまたは参照ムービーとして保存します。インスタンスごとに独立したファイルにするか、行ごとにひとつのムービーにするかも選択できます。以下の機能は、V9からゲームブレーカー・プラスにも追加されました。
■ インスタンスムービー上へのテキストオーバーレイ
■ フルスクリーン再生時のタイマー表示
その他の新機能など、詳しくはサイト内のリリースノートをご覧ください。
http://sportscode.jp/feature/236/
=====================================================
最後までお読みくださり、どうもありがとうございました。今後も月1~2回のペースを目標に、スポーツテック社からの最新情報や、私たちが現場で集めたお役立ち情報をお伝えしていきたいと考えています。よろしくお願いいたします。本メール記載の内容についてのご質問は、皆様のサポート担当者に直接お問い合わせくださるか、または以下の連絡先までお問い合わせください。
───────────────────────────────────
有限会社フィットネスアポロ社 スポーツテック営業チーム
(東日本:橘 肇、比佐央、細川聡 西日本:水野英治)
〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー3F
Tel:03-5793-7011  Fax:03-5793-7012
[Web] http://sportscode.jp
[Facebook] https://www.facebook.com/SportstecJapan
───────────────────────────────────

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る