記事の詳細

 Hudl-Replay-Logo-Default@3x

replay-tagging-workflow@2x-1

新商品、Hudl Replay がリリースされました。

 

難しいセットアップは必要ありません。

同じWi-Fi環境にあれば、MacBook Proでキャプチャした映像とタギングした
モーメントを、iPadやsurfaceのデバイスと共有することができます。

 

コーディングをしているMacBook Proから、監督やコーチの手元に
映像を飛ばすことができるので、

その時、その場で映像を見ることができます。

 

 

 

プレイリストを作成することができます。

Hudl-Replay-iPad

MacBook Proでタギングしたモーメント、または行を選択し、
プレイリストを作成します。

 

プレイリストは、デバイス側からでも作成することができます。

監督やコーチが気になった点をプレイリストにし、コメントを入力します。
これによりMacBookでコーディングを行なっているアナリストと、
コミュニケーションをとることもできます。

 

 

キャプチャしたHudl Replayの映像とタイムラインを、Sportscodeのパッケージにすることも可能です。

 

 

日本語ユーザーマニュアルは、こちらからご覧になれます。

 

Hudl Replayでビデオフィードバックのスタイルを変えましょう。

 

 

詳しい情報は、ご担当の営業スタッフまで、
もしくは、こちらのフォームからお問い合わせください。

 

(Hudl Japan 生田)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る