記事の詳細

Hudl.com記事”Your Hudl and Sportscode Essential Checklist for the Season Ahead”より(画像とも)。

秋に開幕を迎える競技の皆さん

HudlとSportscodeの準備を万全にして、来るべきシーズンを制覇しましょう。

wab記事

■ ソフトウェアのアップデートをお忘れなく。

macOS High Sierraで使うなら、Sportscodeのアップデートは常に最新にしておきましょう。
最新のアップデートは11.2.27(8月20日現在)です。
ライブコーディングを行うなら、Blackmagicのドライバは10.9.5が動作確認済みのバージョンです。

 

■ ライブキャプチャの設定を今一度確認しておきましょう。

特に新しいMacにSportscodeをインストールしたとき、Blackmagicのドライバのインストールとライブキャプチャの設定を忘れがちです。
こちらの手順に従って、設定とキャプチャのテストを忘れないようにしましょう。

https://www.hudl.com/support/sportscode/capture/set-up-a-live-capture/set-up-a-live-capture-mini-recorder

 

■ ムービーは同じ画質のパッケージにしましょう。

キャプチャ、ダウンロード、ビデオカメラ…、さまざまなソースのビデオファイルをそのままパッケージにすると、スタックやタイムラインの結合、ムービーオーガナイザーを作る際のトラブルの原因になります。
シーズン前の時間のあるうちに新規ムービーパッケージ機能で、同じフォーマットのパッケージにして変換しておきましょう。

 

■ Sportscodeツールキットが便利です。

HudlではSportscodeのユーザーのために、Sportscode Toolkitの提供を始めました。
https://www.hudl.com/en_gb/sportscode-toolkit
様々な形状のボタンのグラフィック、各スポーツのフィールドの画像、そしてグラフのグラフィックとスクリプトがダウンロードできます。あなたのコードウィンドウを、見違えるようにデザインしてください。

 

■ 今期はマルチアングルのビデオを活用しましょう。

目に見えない変更ですが、V11ではスタックしたムービーの再生についてのアップデートが行われています。

 

■ インスタンスムービーの変換はもっと早く。

ビデオの変換なら他のソフトを使わなくとも、Sportscode V11の「Convert movie fast」で。
テキストつきのムービーでも、驚くほどの速さで変換ができます。
http://sportscode.jp/news/8084/

 

■ Sportscodeの分析はHudlで共有

コーディングしたタイムラインのデータとビデオの共有はHudlで。タイムラインから、ムービーオーガナイザーから、ソーターウィンドウから直接アップロードができます。
http://sportscode.jp/news/7288/

 Hudlはゴールド以上のパッケージで映像とタイムラインの共有はできます。タイムラインやムービーオーガナイザー、ソーターウィンドウから直接アップロードするためにはプラチナ以上のパッケージが必要です

 

■ Hudlに新しいシーズンを作成しましょう

2018-19シーズンの作成を忘れていませんか。新しいシーズンのビデオを前のシーズンにアップロードすることがないよう、確認しておきましょう。

 

■ チームのメンバー登録はお早めに

新しいメンバーのリストがある場合、Excelから一括で読み込むことができます。
https://www.hudl.com/support/v3/team-management/athletes/move-athletes-between-teams

 

■ チームから去ったメンバーやコーチの削除も、忘れないようにしておきましょう。

このとき、Adminのユーザーが常に1人は残っているように注意してください
U14のチームがそのままU15に持ち上がるような場合は、チームのプロファイルのページでチーム名を変更してください。

 

■ Hudlのアプリのダウンロード

iOSまたはAndroidのデバイスで利用する場合は、常に最新のアプリケーションの利用をお忘れなく。
Androidの場合は、機種によってOSのアップデートに制限があり、それが原因で最新のアプリを使えない場合があるので、注意が必要です。

 

MacintoshおよびWindowsのPCの場合は、Google Chromeの利用と、最新バージョンへのアップデートもお忘れなく。

 

(編集:生田)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る