記事の詳細

もう1人は、関東学生ラクロスリーグに所属する明治学院大学で、分析チーム”Lacrosse Marketing Insight”を率いる鶴田大喜さん。

image4

HP(鶴田大喜 ラクロス分析)

2年生だった2015年から、分析とチームのブランディングを通じて、チームの強化をサポートする役割を務めています。その明治学院大学ラクロス部は、2015年は8年ぶりに下部リーグとの入れ替え戦を回避、2016年は9年ぶりの1部入れ替え戦進出という結果を残しました。さらなる高みに向けた挑戦について、お話をいただきます。

 

分析を通じて競技への関心を深め、学びを続けている2人の話は、きっと学生アナリストの皆さんにとって、励みとなることでしょう。フィットネスアポロ社Hudl Japanチームでは、ソフトウェアの販売だけでなく、情報分析を使う環境の整備、使う人の育成にも貢献したいと考えています。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る