記事の詳細

2016年4月1日から実施いたします、SportscodeおよびGamebreaker Plusのサブスクリプション方式の販売への変更につき、その背景と理由を、開発・発売元のHudlに代わり、日本国内代理店としてご説明させていただきます。

最先端のパフォーマンス分析ソフトウェアの開発を継続していくため、私たちはサブスクリプション方式(年間利用料)を基本とした料金体系への移行を決断いたしました。

長年にわたり、Sportscodeはパフォーマンス分析の世界において信頼を得てきました。今回のサブスクリプション方式の価格体系への移行は、拡大するユーザーのニーズと、テクノロジーの進化に対応するプログラム開発を続けていくために、長期間にわたって熟慮を重ねた末の決断でした。

またユーザーにとっても、この変更はSportscodeのグレード間の移行やライセンス数の増減などを、必要に合わせて1年単位で即座に行うことができるメリットが得られるようになります。

なぜ私たちがこの転換を行う必要があったのか、さらには、なぜ私たちがこれがユーザーにとってもよい方式だと考えたのか、皆様から非常にたくさんのご質問が寄せられました。数多くの理由の中から、最も重要ないくつかの点について、以下にご説明をさせていただきます。

1. テクノロジーの変化への対応
Appleのオペレーティングシステム(Mac OS X)など、基盤となるテクノロジーの急速な変化により、今後、これまでのSportscodeやGamebreaker Plusのプログラムが動作しなくなることが十分に考えられます。

2. 製品の信頼性の維持
今後2~3年のうちに、AppleはMac OS Xの構造を一変させるような重要な変更を行うと噂されています。これはSportscodeに対して、非常に大きな影響を与えうるものです。サブスクリプション方式への移行後は、最新のアップデートがすぐに使えるようになるので、ユーザーは常に最新のMac OS Xに適合したバージョンを利用することができます。

3. サポート料込みの料金体系
今後の料金体系は、操作上の基本サポートを含んだものとなります(日本国内でのサポート条件については、国内代理店フィットネスアポロ社のガイドラインに準じます)。サポートのための別料金を支払う必要はありません。

4. バージョンアップ込みの料金体系
これまでのように、1年または2年ごとにバージョンアップ料のための別予算をご用意いただくことはありません。常に最新、最適のソフトウェアへのバージョンアップを利用することができます。

5. シンプルな価格構成
これまでの煩雑な選択肢(永続型、サブスクリプション方式、バージョンアップ、年間サポート料など)はなくなり、どの機能(グレード)が必要かを選択するだけになります。

私たちはサブスクリプション方式を基本としながらも、ユーザーの所属する組織や団体の事情に合わせた対応も準備しています。例えば、毎年の継続した予算確保が難しく、一括の大きな予算調達のほうが現実的な場合には、複数年分の一括払いというご相談にも応じることができます。

本文書はHudl(Agile Sports Technologies, Inc.)からの文書を、フィットネスアポロ社において日本語に訳したものです。日本国内の販売形態と異なっている一部の記述につきましては、日本国内の事情に合わせて一部改変しておりますことをご了承ください。

(訳・文責:フィットネスアポロ社営業部 橘 肇)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る