記事の詳細

スポーツ・アナリストは意外に身近なところにある。
「ショート・プレゼンテーション・コンテスト」学生エントリー募集中。

20140910
(写真はイメージです)

一般募集のプログラムとして、学生(学部生、大学院生)対象の「ショート・プレゼンテーション・コンテスト」を開催します。

昨年の7月から毎月「スポーツアナリスト体験セミナー」を開催してきました。4回の講習の最終回は、自由に分析したデータを使ったプレゼンテーションなのですが、これが毎回「すばらしい!」のです。

まったくスポーツコードを使ったことのないところから、自分で分析のプランを立て、コードウィンドウをデザインし、映像と数字を使ってプレゼンテーションを行う。学生の皆さんのポテンシャルには、毎月驚かされるとともに、ぜひ発表の場を設けたい、と思ったのがこの企画のきっかけです。

以前行っていた15分間の「ユーザーリポート」は敷居が高いというご感想を耳にしましたが、今回のプレゼンテーションの制限時間は「5分間」です。この時間内で、自分の分析した結果を、ビデオとスタッツを使っていかに伝えるか?学生の皆さんに、ぜひチャレンジしてほしいと思います。

参加者の投票により最優秀賞に選ばれたかたには、副賞として「スポーツテック・ゲームブレーカー」の1年ライセンスを贈呈します(スポーツテックの#DreamJobには、ちょっと及びませんが)!

コンテストへのご参加は、カンファレンスへの参加申し込みの際に一緒に行っていただきます。募集人数は5名(先着順)ですので、ぜひお早めにお申し込みください。もしスポーツコードが大学にないという場合は、弊社での作業の相談に応じます。

スポーツコード営業チーム

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る