記事の詳細

私たちが主催する「スポーツアナリスト体験セミナー」には、これまで7月3名、8月4名、9月3名の皆さんが参加してくれました。

「このセミナーを受講しても、単位にも資格にもなりません。けれども、今のスポーツ界の世界最先端の情報と、最先端のツールの操作をお伝えします。」と毎回、第1回目の開会の挨拶で私は話しています。私たちだから伝えられる情報をお伝えし、めったにはできない操作体験をしてもらおうと、毎回、メンバーで検討を重ね、工夫を凝らしています。

とはいえ、せっかく各期4回を皆勤してくれた受講者には、ささやかながら修了証を出し、スポーツコード・プロの操作について一通りの基礎をマスターしたことを、私たちメンバーが認定しています。

今回は、第3期までの修了者の皆さんをここで紹介します。

第1期修了はお2人です。

佐藤 貴啓さん(松蔭大学)
Sato
萩原 辰徳さん(スポーツプログラムス)
Hagiwara

第2期は残念ながら、スケジュールの関係で皆勤できた人はいませんでした。

第3期は、3人の参加者がすべて皆勤でした。

左から2人目から、
・太田 周平さん(明治学院大学)
・浜野 俊平さん(上智大学)
・大関 久仁さん(筑波大学)

第3期3人

ここで学んだスポーツコードのテクニックを(スポーツコードがない場合でも「見るコツ」と「伝えるワザ」を)、ぜひ、それぞれの現場で活かしてくれれば何よりです。

今後も、いろいろな学生の皆さんと「情報分析でチームに貢献」というテーマで話ができれば幸いです。メンバー一同、楽しみに待っています。

(橘 肇)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る