記事の詳細

本日7月9日(水)、スポーツアナリスト体験セミナーの第1期を、2名の参加者でスタートしました。
短い告知期間にも関わらず、何とかスタートできて私たち一同、ホッとしています。
担当する私たち、この仕事の面白さと可能性を、学生の皆さんに熱く伝えていくつもりです。
8月の第2期は既に定員(3名)に達しましたが、第3期のご参加はまだ受け付けています。

<講習内容(予定)>※ 講師のスケジュール等により、変更になる場合があります。

目標 講師
(予定)
内容
1回目

<講義>

アナリストの仕事について

<実習>

SportsCode PROの基本

高森

川口

1. アナリストの仕事について(高森)

2. SportsCode PROの基本

  1. コーディングの基本(コードウィンドウ、コードボタン・テキストラベル、コードモード)
  2. タイムラインの操作(インスタンスムービーの再生、インスタンスの調整、ラベルの修正 など)
  3. コーディングの発展(ボタンのリンク(3タイプ)、テキストのブロック など)
  4. 分析(ムービーオーガナイザー/コードマトリックス など)
2回目

<講義>

アナリストの現場について

<実習>

SportsCode PROの機能

川口

高森

1. アナリストの現場について(川口)

2. SportsCode PROの機能

  1. 前回の復習
  2. ライブコーディング (ビデオキャプチャの基本、ライブコーディング)
  3. 複数のデータの操作( 新しい行の作成、データベース、タイムラインとムービーのスタック、タイムラインの結合)
3回目

<講義>

世界のトップスポーツの現状

<実習>

SportsCode ELITEの機能


川口
高森

1. 世界のトップスポーツの現状(橘)

2. SportsCode ELITEの機能

  1. 前回の復習
  2. ラベルモード
  3. スタッツスクリプト(各種スクリプト、アウトプットウィンドウ)
4回目

SportsCodeを使った分析とプレゼンテーション


川口
高森

1. 分析実習
・分析を行いたい競技の映像を持参(QuickTimeまたはMPEG4)

・分析の計画を立て、学んだ機能を使ってコーディングし、結果を元にプレゼンテーションを行う。

2. 講師による講評

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る